Jump to content


学術研究・開発

Luvata 学術研究・開発

ルバタグループは50年近くにわたり、ニオブベースの超伝導ワイヤーやケーブルを生産してまいりました。
ルバタグループは、さまざまな超伝導アプリケーション用の銅ニオブチタン合金ワイヤーやケーブルの世界におけるリーディングカンパニーです。

 

過去数年において、私たちは低温超伝導体(LTS)などの国際的に有名な大規模プロジェクトに参加してきました。このまたとない経験の結果、これらの特殊な製品の開発と製造における先駆者として、ルバタグループは世界中で認知されています。

 

当社グループの超伝導ワイヤーやケーブルは、一例として下記のものに使用されています。

  • 大型ハドロン衝突型加速器(LHC)のような粒子加速器
  • 核融合エネルギー研究用磁石
  • 核磁気共鳴分光計
  • 超伝導エネルギー貯蔵(SMES)
  • 研究室と特殊な磁石
  • その他の科学プロジェクト

 

超伝導体の最大の用途は、磁気共鳴映像法(MRI)スキャナーです。

 

詳しくはこちら



Copyright © 2019 Luvata. All rights reserved.