Jump to content


再生可能エネルギー

Luvata 再生可能エネルギー

再生可能エネルギー分野での利用 

世界は、エネルギーの新たな発電方法や送電方法を必要としており、市場の成長と機会がある点において、喫緊の課題です。

 

明日を今日よりも明るく、そしてクリーンにしていくこの分野のパートナーを手助けするため、ルバタグループは全力を尽くします。

 

  • 大多数の都市で消費されるエネルギーの40%以上は、ビルの冷暖房に使用されてますが、たいていのビルは、屋根1平方メートルあたり1kWの太陽エネルギーが降り注いでいることを見落としています。
    これを見過ごせますか?答えはNoです。
  • 「原油1バレルが含むエネルギーのうち、半分は採掘に使われ、実際に流通しているのは残りの半分です。これを見過ごせますか?答えはNoです。
  • 風が吹き、太陽が輝き、潮が干満する中、私たちは多くの化石燃料を燃やし、浪費しています。これを見過ごせますか?答えはNoです。

風力発電の選択肢を現実的なものに 

現在、世界的に消費される電気のうち、風力で発電した電力は約6%に過ぎません。
今後の風力発電の成長率は、けた外れに大きなものとなるでしょう。

 

高い純度と優れた導電性を誇る当社グループの無酸素銅は、発電機内部のさまざまな部位で、風力発電エネルギーを最大化しています。 
 

この発電機製造における一定の技術と経験は、潮力発電機にも適用可能です。

 

風力エネルギー向けのルバタグループ製品

太陽光発電用途のSunwire® 

太陽光テクノロジーは、日光を電気に変えることで、太陽エネルギーを利用します。

 

ルバタグループは、太陽光エネルギーのパイオニアです。当社グループは、モジュールメーカーとの関係で太陽光発電リボン材Sunwireを開発し、手ごろなソーラーパネルの自動生産実現に寄与しました。以来、技術は進歩し、継続的な開発により、新興技術を実践的な解決策にすることができました。

 

Sunwireは銅をベースとしたスズ合金めっきの平らな金属製リボンで、太陽光発電モジュールの中心部であるシリコンセルとの高性能な接続に用いられます。Sunwireは、シリコンと薄膜技術のいずれにも適合性があります。

 

太陽エネルギーのルバタグループ製品

 

核融合エネルギー 持続可能な解決策

化石燃料は、19世紀および20世紀の文明化をもたらしたエネルギー源でした。しかしながら、石炭や石油、ガスを燃やすことは、私たちの環境に大きな害をあたえていることが判明しています。
気候変動と化石燃料供給の減少について関心が高まるにつれ、核融合エネルギーは、世界的なエネルギーのニーズに対し、持続可能な解決策を提供する可能性を秘めています。

 

核融合は、太陽の核で起こっている現象です。明るく見え、温かく感じるのは、核融合反応によるものです。

 

ITER-世界最大の核融合実験炉

国際熱核融合実験炉(ITER)は、エネルギー源としての核融合の実現性証明を目的とする大規模な科学実験です。

 

磁気閉じ込めの「トカマク型」の概念に基づき、プラズマ(高温の帯電ガス)は、ドーナツ型の真空容器に閉じ込められています。強力な磁場は、壁面からプラズマを遠ざけるのに用いられます。これらの磁場は、容器を包んでいる超伝導コイルや、プラズマを通過する電流によって作られます。これらの超伝導コイルは、限界温度以下に冷却された際、電気抵抗の無い状態となる超伝導体を使用します。

 

核融合によって生み出されたエネルギーの利用は、世界のエネルギーに関する懸念への答えとなり、また21世紀を形づける手助けとなります。

 

核融合エネルギーのルバタグループ製品

太陽光エネルギーの利用

太陽は、核融合エネルギーの巨大な工場です。地球は、毎年219兆kWh以上のエネルギーをすべて無償で太陽から受けています。

Sunwireの進化

Sunwireは、太陽光発電リボン材について、飛躍的に進化し続けています。Sunwireの進化についてはこちらから



Copyright © 2019 Luvata. All rights reserved.