Jump to content


ヘルスケア

Luvata ヘルスケア

古代文明のころから、銅は病気との戦いに利用されてきました。紀元前500年のギリシア人は、傷の治療に銅の削り屑を利用し、紀元前2000年のエジプト人は、水の殺菌に銅を利用していました。

今日、ヘルスケア分野における銅は、生来の抗菌性の役割にとどまらず、アルツハイマー病の原因特定の役割も担っています。

超伝導線や銅ホローコンダクターは、MRI(磁気共鳴画像)やNMR(核磁気共鳴)の分野でよく利用されています。
MRIは、超音波診断や一般的なX線、CTよりも優れた技術で、今日では人体の全身を写すことができます。

新しい画像診断法は次々現れ、MRIの利用範囲も病気の原因検知から治療の経過観察など、広がりつつあります。MRI画像の利用分野の広がりは、高画質に必要なより強力な磁場を発生させる磁石への需要を高めてもいます。

ヘルスケア分野における低温超伝導(LTS)技術の利用:

  • 磁気共鳴映像法(MRI)
  • 核磁気共鳴(NMR)
  • 機能的磁気共鳴画像法(FMRI)
  • 陽子線加速器

 

ヘルスケア分野におけるルバタグループ製品



Copyright © 2019 Luvata. All rights reserved.