自動車産業-1920x316

自動車産業

Luvata - 実績のある自動車産業のパートナー

Share
Share to Facebook Share to Twitter Share to LinkedIn

 

持続可能性、デジタル化、自動化に向けた流れは自動車産業に大変革をもたらしています。他の産業と同様に、この産業も競争が激化しています。CASE:Connected(コネクティッド)、Autonomous(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)の次世代自動車の急速な広がりは、自動車産業に新たな機会、挑戦、選択を提示しています。

軽量材料の使用は、ロボット溶接に新たな挑戦をもたらしています。マイルドハイブリッド車、フルハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、フルバッテリー電気自動車など、複数の電気自動車が混在する中、高性能で軽量の小型部品、コネクタ、電気回路の必要性が高まっています。

Luvataの中核技術の1つは、無酸素銅や銅合金の開発および製造に関連する技術的能力です。銅は、高伝導率、高引張強度、低熱膨張、耐腐食性など、信頼性の高い電気回路を提供するすべての特性を備えています。銅の高伝導率は、電気モーターのエネルギー効率を高めることができます。弾性や耐久性の高い、再生利用可能な金属である銅は、さらに持続可能な未来を切り開きます。

市場のリーダー

Luvataは実績のある自動車産業のパートナーです。抵抗溶接用電極や付属部品の主要メーカーとして、世界のほとんどの自動車メーカーと長年にわたる関係を築いています。当社は、この関係を強化し続けるために新しい合金や製品を開発していきます。

完全統合型 

オーダーメイドの合金、製品開発の専門知識、アフターサービスを備えた、自動車産業向けの完全統合型生産システムを提供しています。

用途 expander header icon
自動車溶接

スポット溶接やレーザー溶接は、一般的に自動車産業で使用されています。抵抗溶接の種類であるスポット溶接は、通常、板金フレームの接合に使用されます。レーザー溶接は、レーザービームを使用して複数の金属を接合する溶接技術です。

近代的な輸送機関向け電子部品

最も近代的な輸送の形態には電気が使用されています。パワーステアリング、CDプレーヤー、エアコン、自動ワイパーなど、新しい自動車には電気部品が必要になります。

当社は、ワイヤー、コネクタ、炉内ろう付け合金を製造しています。これらの製品は、標準として耐久性、耐腐食性、電熱、溶接性、導電率を有する銅や銅合金で製造されています。

電気自動車

Luvataは、長年にわたる製造および冶金の専門知識と銅の高熱伝導率を活かして、電気自動車(EV)の走行距離、充電時間、暖房や冷房、インフラに関するお客様の課題を解決します。

Eモビリティ向けソリューションの詳細については、こちらをご覧ください。