ニュース-Luvata-1920x316

Luvata、Siemensとリーンの経験を共有

(2020年1月20日)スウェーデン、フィンスポングのSiemens Industrial Turbomachinery ABビジネスエクセレンス部は、11月に開催されたネットワークセミナーの期間中にLuvata欧州担当リーンディレクターAlejandro Tassaraを招待し、Luvataのリーンジャーニーの成功を共有しました。プレゼンテーション「Luvataのオペレーショナル・エクセレンス・ジャーニー:役割とプロセスを関連付けて事業を改善する体系的なアプローチ」には、さまざまな部門から20人以上の参加者が出席しました。

Luvata は、厳格な基準を定め、事業全体のシステムを評価して、2006年のリーン認証取得を目指し取り組んできました。プレゼンテーションでは、以下を含むLuvata生産システム(LPS)の重要な側面について紹介しました。

  • 工場の紹介
  • 監査システム
  • バリューストリームマッピング
  • 変革の波
  • パフォーマンス管理
プレゼンテーションでは、LPSの全体的な成功に不可欠な、Luvataが部門と社員をつなげた手法に焦点を当てました。

「さらにプロセス志向のビジネスを目指すLuvataの変革に関する洞察、およびジャーニーを通してLuvata生産システムを活用した手法は素晴らしいものであり、感銘を受けました。」とSiemens Industrial Turbomachineryビジネスエクセレンス部部長Håkan Nilssonは述べています。

「魅力的で刺激的な素晴らしい内容でした。」スウェーデン、フィンスポングのSiemensビジネスエクセレンスプロジェクトマネージャーMathias Cambrantは述べています。

「Siemens のビジネスエクセレンス部に招待していただき、Luvataのリーンと継続的改善のジャーニーを共有できたことに大変感謝しています。」とAlejandro Tassaraは述べています。さらに「出席者の皆様は大変素晴らしく、多くの質問や懸念からオペレーショナル・エクセレンスに対するひたむきな情熱を感じることができました。」と述べています。

現在、Luvataにはリーン認証を取得した8つの施設があります。これは、継続的改善に対する精力的な取り組みと世界中の顧客やコミュニティに尽くす社員の努力の結果です。
 
- End -
Share
Share to Facebook Share to Twitter Share to LinkedIn