ニュース-Luvata-1920x316

Luvata、IS/ITインフラを強化

(フィンランド、ポリ、2019年4月16日)デジタル化の継続的推進の一環として、Luvataは高まるデータ転送のニーズへの対策を講じています。Luvataは、社内WANを強化し、大容量のインターネットブレイクアウトをネットワークに追加して、すべての事業所で高速かつ高信頼性の安定したデータ接続を確保しています。

さまざまな機能に対応する最新のクラウドベースシステムの導入、およびLuvataと顧客やサプライヤー間でのデジタルサプライチェーン管理のインタラクション増加に伴い、社内外のサイト間のデータ転送要件は増加しています。

新しいネットワークは、新しいクラウドベースインフラやアプリケーション固有の機能を簡単に実装できるように設計されています。また、人口知能ベースの意志決定を用いた生産自動化の増加に伴い、新しいネットワークが提供する途切れることのない高速データ接続が必要になります。

Luvataのサイバーセキュリティは、Eメールシステムの強化を含め、社内全体のセキュリティ管理に最新のテクノロジーを活用することで強化しています。現在、Luvataから送信されるEメールの真正性を確認できるようにしています。ドメインネームサービス(DNS)にある公開されたセンダーポリシーフレームワーク(SPF)レコードから、LuvataのEメールサーバーのアドレスを確認できます。これは、不正なソースから送られたEメールをブロックします。Luvataにメールを送信するすべてのパートナーも同様の方法でEメールサーバーの認証を行うことを推奨します。このような措置を講じることで、ビジネス上のやり取りに見せかけてスパマーが偽のアドレスから送信するメッセージを検出し、防ぐことができます。

これらのすべての対策は、Luvataがデジタル化の新しい時代に備えるためであると同時に、顧客に最良のサービスを提供するためのものです。

-End-


詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。
Olli Naukkarinen
上級副社長兼最高技術責任者
Luvata
電話番号:+358 2 626 6010
 
Share
Share to Facebook Share to Twitter Share to LinkedIn