ニュース-Luvata-1920x316

次世代の製造リーダーをサポートするLuvata

(2019年2月13日)Luvata Appletonは、ウィスコンシンにある3つの施設で20年以上、教育インターンシップを主催しています。インターンシッププログラムでは、エンジニアリング、製図/設計、購買、人事、技術文書の作成など、将来のリーダーたちが自ら選んだ分野で成長することに重点を置いています。

「当社のインターンシッププログラムは、製造を垣間見る多様な機会を提供し、インターンが自信を持ち、人脈を築き、経験を積む機会を提供することを目的としています。」とLuvata Appletonの人事部マネージャーKelly Bubolzは述べています。さらに、「当社チームの一員として、この精力的でやる気に満ちた人材を確保できることは、Luvataにとっても大きな財産となります。当社のインターンシッププログラムは、学生に価値ある機会を提供するだけでなく、当社の雇用プロセスにも非常に重要な意味を持ちます。」と述べています。

一部のLuvata Appletonのインターンとメンターは、インターンシッププログラムで自分たちの考えを共有します。

Luvata Appleton

テクニカルライターTaylor King

プロジェクトには、トレーニングとしてレポートや写真の整理や作業グループ文書の一元管理などがあります。

「このインターンシップのおかげで、コミュニケーション専攻を活かす場所が分かりました。Luvataでのインターンシップでは、オフィスや工場、研究所にも行くことがあります。自分の学位に適した場所を見つけるには、これほど素晴らしい機会は他にありません。

Luvataで一番気に入っていることは、その雰囲気です。装置のオペレーターは知識が豊富で、何でも教えてくれます。事務の人はユーモアがあり、また、進むべき方向性を正確に指摘してくれます。何より、その日の取るに足らない出来事を笑える雰囲気があることです。」

Luvata Appleton

購買部インターンChris Werner

プロジェクトには、外部ベンダーとの作業、工場資材の選別、企業資源計画(ERP)システムの製造などがあります。

「Luvataで働いている間、オフィスの誰もが親切にしてくれたことに大変感謝しています。いつも進んで正しい方向性を指示してくれます。私のメンターは、サプライチェーンについて貴重な情報を提供してくれました。

また、オフィスの全員と仲良くなれて本当に楽しかったです。学期中のアルバイトだけで、人と親しくなるのは難しいことですから。多くの人が声をかけて、彼ら自身のことを話してくれたり、休みの日は何をしてるの?と気軽に話してくれました。どれほど感謝しているか言葉で言い表せないくらいです。最後に、ここの料理はとてもおいしかったです。」

Luvata Appleton former interns

写真 元Luvata Appletonインターン(その後、終身雇用で採用)(左から順に)Kelly Bubolz(人事部マネージャー)、 McKaela Koehler(上級バイヤー)、Leah Hoeger(品質エンジニア)、Phill Nuernberger(メカニカルエンジニア)

Kevin Thomson(エンジニアリングインターンメンター)

「元co-op(インターン)として、私にとって学生インターンプログラムは非常に重要です。現在、私がエンジニアとして成功を収めているのは、co-opとしての経験のおかげです。20年ほどの間、製造の世界のメンバーとして重要な役割を担い、インターンプログラムは雇用者の側にも利点があることが分かりました。

インターンの学生は製造や建設の世界とかかわりを持つことで、エンジニアリングや設計の分野を知ることができますし、 Luvataのように企業にしても、インターンプログラムでメンターが将来のエンジニアや設計者を指導することができます。将来の人材を直接指導できるため、メンターはとてもやりがいがあります。」

McKaela Koehler(購買部インターンメンター)
「メンターとして、リーダーシップやコミュニケーションスキルを磨くことができます。また、インターンの成長を間近で感じ、彼らの成功に直接関係するため、非常にやりがいがあります。」
 
- End -


Share
Share to Facebook Share to Twitter Share to LinkedIn