Luvata ウォーターバリー_20190509_134102

Luvata Waterbury, Inc.

人類の利益となる複合ワイヤーやケーブルの製造

Share
Share to Facebook Share to Twitter Share to LinkedIn
Luvatahaは、コネチカット州ウォーターバリーを拠点とし、さまざまな超伝導体用途向けの銅安定化NbTiおよびNb3Sn導体を製造しています。Luvata Waterburyは医療診断システム、高エネルギー物理学プロジェクト、および納期と性能が重要な関連用途向けの超伝導体ワイヤーのサプライヤーとして高く評価されています。

Luvata  niobium-tin Nb3Sn superconductors当社の超伝導体は、欧州原子核研究機構(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器、韓国の核融合エネルギー研究プロジェクトの大韓民国超伝導トカマク先進研究装置(KSTAR)、国際熱核融合実験炉(ITER)プロジェクトなど、有名なプロジェクトで使用されています。

 

超伝導体ワイヤーとケーブルは以下などに使用されています。

  • 磁気共鳴画像装置(MRI)
  • 大型ハドロン衝突型加速器(LHC)などの粒子加速器
  • がん治療用の陽子線を生成するシンクロトロン
  • 核融合エネルギー開発用マグネット
  • 核磁気共鳴装置(NMR)スペクトロメーター科学プロジェクト
  • 超伝導磁気エネルギー貯蔵装置(SMES)
  • シリコン結晶成長マグネット
  • 研究所および特殊マグネット