Luvata-オハイオ-hero-1920x316

Luvata Ohio, Inc.

当社の冷間成形に関する専門知識を活用して材料費を節約

Share
Share to Facebook Share to Twitter Share to LinkedIn

当社は、コロンバスの北、オハイオ州デラウェアを拠点とし、約100人の従業員を抱えています。当社は独自の冷間成形に関する専門知識を活かし、高品質銅成形製品の大量生産を専門としています。従来の機械加工と比べて材料費を節約することができます。

当社は抵抗溶接用電極、溶接付属部品、および同様の銅成形製品を製造しています。業界で最も評判の高いメーカーの1つとして、当社の電極および溶接付属部品の実績と評判は高まっています。

冷間成形のの専門知識 expander header icon

Luvata Ohioは、1960年に冷間成形事業を立ち上げました。シンプルな部品形状から現在利用可能な極めて複雑な部品まで、冷間成形は大きな進歩を遂げています。

Luvata connectors 813x450jpg冷間成形は高速、高圧で金型に金属を成形するプロセスであり、すべての完成部品に使用する原材料を最適化することで材料の無駄を劇的に低減します。冷間成形は極めて高速なため、大量生産用途に不可欠なサイクル時間の短縮を実現できます。 

これまで部品の形状は、通常、ボルトやナットなどの単純な部品を含め、回転対称、軸対称構造に制限されていました。しかし、技術や装置の性能が進歩するにつれて、形状の機能も大幅に拡張しています。複合ツーリング設計のイノベーションによって、難しい部品形状の冷間成形が可能となっています。

銅、アルミニウム、真鍮やステンレス鋼でも適切な力を用いれば、必要な形状に成形することができます。丸棒やワイヤーから切り取った単純なブランク材をダイに置き、周囲温度でブランク材にパンチをプレスします。つまり、冷間成形は室内温度で材料から形状を成形します。

冷間成形の主な利点は、材料の節約だけでなく、表面仕上げを高め、機械的特性を向上することです。金属の完全性を保ちながら研磨面が優れた部品を生成できるため、部品の性能を飛躍的に向上することができます。

 

冷間成形では、優れた表面仕上げの複雑で精密な工業用部品を高速で提供するこができます。また、部品の耐久性や機械加工性をさらに向上し、精密さと信頼性が不可欠な自動車、航空宇宙、代替エネルギーなどの産業に理想的な部品とする硬化効果をもたらします。

Luvataは、高伝導率の材料から高温で軟化を制限する材料まで幅広い材料を提供しています。冷間圧造プロセスを補うために、焼なまし、機械加工、めっき処理も行っています。

Ney Maamud

+1 740 957 4110

Paul Ruess

+1 740 368 4325